インプットとアウトプット

今日は中1クラスの授業がありました。

中1クラスは今日からテスト対策授業に入り、生徒さんは学校のワークを各々進めていました。

そんな中ですでに5教科の学校のワークをすべて終わらせた生徒さんがいました。

定期テストで良い成績をとるためには、学校のワークを早く終わらせることが大切です。

学校のワークが終わっていれば、余裕をもって苦手教科の勉強や、今回のテストであれば副教科の勉強にもじっくりと取り組むことができます。

・・・
・・・・・
・・・・・・・
第2回テストまでまだ1週間以上時間がある今の段階で、どのような勉強をすべきでしょうか?

テスト勉強は、大きく分けてインプット(学習内容を覚えること)とアウトプット(覚えたことを制限時間内に正確に記述すること)に分かれます。

今の段階では、まだインプットに時間をかけなければいけませんが、インプットばかりだとなかなか長時間勉強を続けることはできません。

しかし、ここで普段の学習で英語と数学の予習・復習をしっかりやっていた生徒さんは、今の段階で英語と数学はアウトプットの学習ができるので、メリハリをつけてテスト勉強を続けることができます。

英語と数学の学習内容は、既にあらかた頭に入っているので、長時間勉強をする必要はありません。理科や社会などの覚えることが多い教科や副教科の勉強の合間に英語と数学の勉強をはさむことができるので、インプットばかりやらなければいけない学習と比べて、疲労度が全然違ってくるのです。

そういった意味では、今の段階で英語と数学を真面目に学習してきた生徒さんと、これから英語と数学に本格的に取り組まなければいけない生徒さんとでは、かなり大きな差があると言えるでしょう。

塾に来て勉強ができるのはたった3時間弱ですが、その短い時間の中で少しでも効果を上げるにはどうすればいいか?

塾に来た時にやるべき教科や、休憩の取り方、終了時刻が迫ってきたときに何をやるべきか?・・・

毎回のテスト対策授業の時にすべての生徒さんに話をしていますが、言われたことを守って勉強している生徒さんと、自分のやり方に固執している生徒さんとでは、確実に学習効果に差が出てくるでしょう。

中1クラスの生徒さんは、木曜日に学校のワークチェックを行いますので、それまでにすべてのワークを終わらせることができるように計画を立てて勉強をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました