共通テスト、記述式見送り

やはり記述式も見送りになりました!

国・数記述式見送り表明 共通テスト、2本柱頓挫 - 毎日新聞
 2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストで導入予定だった国語と数学の記述式問題について、萩生田光一文部科学相は17日の閣議後記者会見で延期すると発表した。萩生田氏は採点の精度を課題に挙げ「来年度に実施することは現実的に困難」と述べた。安倍政権が推進する大学入試改革の象

英語の民間試験の見送りに続いて、共通テストの国語と数学の記述式の実施も見送られることになりました。

英語の民間試験が見送りになった11月の段階で、記述式に関してもかなり問題視されていたので、記述式の実施も見送られるのだろうなと思っていました。

記述式に関しては、正確な採点ができないことや、受験生が自己採点をしにくいといったことが指摘されていました。

どんな状況にも対応できるように

今回の件で私が一番驚いたことは、「国が決めたことであっても、状況によっては簡単に実施されなくなってしまう」ということでした。

英語民間試験の活用や記述式の実施に関してはかなり前から決定されていたので、それに向けてしっかり準備してきた人も多いはずです。

しかし準備してきた人の努力が無駄になるとは思いません。

そういった人は、今回の変更にも速やかに対応していくのだと思います。

大切なのは、時代の変化に常に目を配り、それに対して適切に対応していくことなのでしょう。

今回の決定で、今の高校3年生や下の学年の生徒さんが適切な判断をすることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました