新学年の授業が始まっています!

今日で公立高校入試も終了です。

愛知県公立高校入試も、昨日の筆記試験と今日の面接でようやく終わりました。

受験生の皆さん、お疲れさまでした。

当塾の中3クラスの生徒さんからも続々と自己採点の結果が届いていますが、全体としてAグループ入試よりもBグループ入試の方が難しかったという感想が多かったです。

ただ、当塾の生徒さんの中にもBグループ入試の方が高い得点だった生徒さんもいましたので、一概には言えないのかもしれません。

いずれにしても、志望校に合格できるよう祈っています。

今週から新学年の授業が始まっています!

高校入試は今日で終わりましたが、一方で新学年の授業は今週の月曜日から始まっています。

新型肺炎の影響で当塾でも先週と今週は一部で授業を自粛していますが、生徒さんの勉強の機会を減らさないようできる限りのことをしていかなければいけないと考えています。

現役教師が「一斉休校の影響は来年度まで続く」と嘆くワケ 「最後の1日」に学校で起きたこと
2月27日、新型コロナウイルスへの感染対策として、安倍晋三首相は全国すべての公立小・中・高等学校に対して、3月2日から春休みまでの休校を要請した。子どもにはどんな影響が及ぶのか。著書『先生も大変なんです』(岩波書店)で学校現場の本音を書いた公立小学校教諭の江澤隆輔氏は「突然の休校要請は、教育現場の専門知を踏まえたものだ...

上の記事にもあるように、学校の授業が春休みも含めて1か月以上もなくなってしまうことは、間違いなく生徒さんの学力に大きな影響が出てくるでしょう。

この3月の1か月間を無駄に過ごしてしまうと、この3月に勉強する内容が抜け落ちてしまうだけでなく、これまでに勉強した学習内容にもかなり穴が出てくるでしょう。

当塾では、昨日の授業から、すべての中学生クラスの授業を録画しています。当塾にとっては今週から4月初めまでの授業はとても大事な授業だと考えています。なぜならこの期間に前学年の復習を行いながらじっくり時間をかけて勉強のやり方を指導することができるからです。

今は新型肺炎の影響で塾選びもなかなか積極的に行えない状況かもしれませんが、当塾ではこれから塾に入る生徒さんのためにできることをしていきたいと思います。

こんな時だからこそ、周りの大人が頑張らなければいけませんね!

タイトルとURLをコピーしました