そろばん塾

私も学生時代は計算が苦手だったので、計算力をつけることには大賛成です。しかし、計算力をつけるためだけに何年もそろばん塾に通う必要性があるか?と聞かれたら、その必要はないと答えるでしょう。勉強に関してどれだけ計算力が必要かといえば、あまり必要はありません。小・中学校で勉強する筆算ができれば難関高校でも難関大学でも十分合格できます。

そろばんを習っている生徒さんで気をつけなくてはならないのが、テストなどでよく計算ミスをするのに、中途半端に暗算ができるために計算を書かない状態になった生徒さんです。この状態を長く続けていると、生徒さんは計算を紙に書かない習慣が定着してしまうので、いくら計算を書くように指導しても面倒くさがってしまい、いつまでも計算ミスを減らすことができないという状況になります。こうなってしまっては、数学で安定した得点をとることはできなくなります。また、計算は問題なくできるような場合でも、そろばんを長い間習っている生徒さんは、「算数=計算」と考えるようになってしまい、文章題のような思考力が必要な問題に粘り強く取り組もうとしなくなるケースがかなりあるように思われます。

もし、生徒さんがそろばん塾に通っているのに、学校のテスト等で計算ミスが目立つ場合は、そろばん塾に話をして計算ミスをしないよう徹底指導してもらうか、なるべく早くそろばん塾をやめて暗算をさせずに筆算を紙に書く習慣をつけさせなければなりません。また計算がきちんとできる場合でも、そろばんを習わせることが、思考力を問われるような数学の問題を解くのに本当に役立っているのかを考えなければなりません。

雄俊進学塾ホームページ
タイトルとURLをコピーしました