英会話学校

小学生でもこども英会話で英語の勉強をしている生徒さんは多いですし、中学生以上の生徒さんは英会話学校で英語の勉強をしている生徒さんが結構います。私も学習塾を始めた当初は、「何もやらせないよりはいいのかな?」という考えを持っていました。しかし、小学生の時から何年も英会話学校に通っていたのに、中学に入学してすぐに英語ができなくなってしまう生徒さんを見て、「当塾で小学生の時から英語を学べる環境を整えなければならない」と考えるようになりました。

こども英会話などで何年も英語を勉強している生徒さんが、中学に入学してすぐに英語ができなくなってしまうのはどうしてでしょうか?こども英会話では英語に興味を持たせるために、英語で歌を歌ったり英単語が書かれてあるカードを使ってゲームをしたりするなど、勉強とは関係のないことに非常に時間をかけています。そのため、こども英会話に通う生徒さんは、英語を勉強ではなく遊びと考えてしまうようになります。また、英会話学校では、書くことを軽視している場合が多いので、英会話学校に何年も通っていても、中1の1学期に習うような簡単な英単語さえ書けないような生徒さんも出てきます。中学校に進んでからも、英文法を真剣に勉強しようとせず、フィーリングで問題を解こうとするので、英語の得点が安定しません。英会話学校に通って、「英文法の知識を使って、英文の構造を考えることをしない」、「書くことを軽視する」といった悪い学習習慣が身についてしまった生徒さんは、英語が難しくなるにつれて成績が下がっていきます。

また、英会話学校のような英語だけを勉強させるお稽古事に通わせていると、他の教科とのバランスを考えないで指導することになりますので、数学や理科など他の教科をもっと勉強しなければならないような生徒さんにも英語の学習負担をかけ続けることになってしまいます。

「英語だけ」できても、あまり意味はありません。英語だけを勉強させるお稽古事に通わせている場合は、保護者の皆様が他の教科とのバランスを常に考えていかなければなりません。また、小学校での英語教育が早期化されることで、小学校低学年の段階でこども英会話に通わせようとする英会話学校も増えてくるでしょうが、算数や国語の勉強をおろそかにしてまでこども英会話に通わせる必要はありません。

雄俊進学塾ホームページ
タイトルとURLをコピーしました